「松前さんの展示室」 2001.07.04 リトルホーク号コメント追加
ムサシノ機の部屋では大変お世話になっている松前さんの機体群です。
(松前さんの「はまゆう飛行学校」では、
毎週適当な日の朝から25クラスを中心に飛行練習会を行なっているとの事なので、
お近くの方でRC機をはじめたい方は飛行学校の門を叩いてみてはいかがでしょうか?)

リトルホーク号 2001.06.18
 
 松前さんの新作機です。
 機体詳細は「ムサシノ機の部屋」まで
 
2001.07.04
松前さんの初飛行コメントが届きました。

私、ムサシノ機のお話に成ると思い出されるのがリトル・ホーク号です、
ここで皆さんに懐かしんで貰おうと作りましたので見てやって下さい。
 思い出を頼りに発動機はENYA19BBを搭載し絹張りドープ塗りで
当時の代表的なアクセントで再現しています。

 テスト飛行については、運動性が良いの一言で・・・
付け加えるなら翼型(13%完全対称)による着陸進入時の安定の良さや
背面時の飛行姿勢の良さ等、申し分無いですね!
小型アクロバット機と言うのにはふさわしい飛行機だと改めて感じさせられました
現代のムサシノファンの方も、一味違ったムサシノ機を味わって見ては如何でしょうか!? 」


ブルースカイ号 2001.06.13
 チェック柄が懐かしく感じます。
 初期のムサシノ機っぽいですね!

 以下は松前さんコメントです。
 「エンジンはマウントの穴が同じなので、
 塩谷09靴班抻里裡娃坑S兇鮴僂濛悗┐謄謄好箸靴討泙后
 塩谷ではマフラーと排気バルブのテストもしました。」    「テスト飛行は無事6月7日に終わりました。
 排気バルブの件は地上テストのみです。
 昔はこれで飛ばしてたのに今はうるさ過ぎて駄目ですね!。

 先に塩谷09靴任離謄好箸任垢問題無く飛行を終えました、
 性能テストと言いますか、
 垂直尾翼やラダーの位置が前過ぎる様に感じましたので、
 いきなりスピンに入れて見たところ、思いに反し綺麗なスピンに入りました。
 ラダー機としてエレベーターを使わずラダーのみの旋回をすると、
 ダウンスラストが少ない様で沈み込みが大きくエレベターを使ってしまいました。
 
 ダウンスラストを付ける時にフジの099S兇忘椶斬悗┐討澆泙靴拭
 凄く調子は良いのですが塩谷に比べ引きが弱いですね!
 今回は旋回時の沈み込みも少なく、
 右ステック(ラダーとエンコン)のみでらくらく飛行です。
 これで宙返りに挑戦したのですがパワー不足で上手く行きませんでした。
 この件はフェイントのかけ方で上手く行くと思いますので・・・
 今後の課題として練習を しますが上手く行くか如何かはご期待下さい。」
 
 機体詳細は「ムサシノ機の部屋」まで
 


スカイビーバー号 2001.05.08
素敵なカラーリングですね。
個人的には連絡機っぽくってGOOD!


プレイバード号
プレイバード号って比較的最近?の機体なんですが、
あまり見ないですね。
勿論、貴重画像です。


スカイカンガルーII型
 これまた貴重なスカイカンガルーII型です。
 Vサインのお嬢さん?が可愛いですね。